にんにく注射(ビタミンB1・C)

スポーツ選手やハードワーカーに利用者が多いにんにく注射は、疲労回復、疲れやだるさ、倦怠感の回復に即効性を求める方に大変有効です。
にんにく注射というと本当ににんにくが入っているのかと誤解される方もいますが、主成分はビタミンB1とグリコーゲンで、注射するとにんにくのような香りがすることから名付けられました。
仕事やストレス、スポーツなどによる肉体疲労、眼精疲労、全身倦怠感、食欲不振、肩こり、腰痛などの改善に、にんにく注射が良く、しかも早く効きます。
ビタミンB1不足は、全身の倦怠感、食欲不振、皮膚症状など様々な障害が表れます。
食事やサプリメントでもある程度補うことはできますが、症状が強い場合や即効性を
期待する場合はにんにく注射による補充が効果的です。
ビタミンCは病原ウイルスと戦う白血球の働きを強化する働きがあり、この作用によって免疫力がアップします。
また、体の組織細胞、血管、骨、筋肉、歯の成長や修復に欠かせない
コラーゲンの生成を促す働きがあります。

にんにく注射総合ビタミン
(ビタミンB1・B2・B5・ビタミンC・ブドウ糖)

本当に疲れが溜まっている時こそ、是非お試しください。
にんにく注射の成分にビタミンB2・5を加えたバランスの取れた内容となっています。
ビタミンB2(リボフラビン)はビタミンAと共に口・鼻・目・皮膚の粘膜の健康を維持しています。また細胞の呼吸にも必要な成分で、細胞の新陳代謝や成長を促します。
お肌に非常に重要なビタミンといえるでしょう。また、脂肪や糖質の代謝を促進させることで肥満や生活習慣病の予防に効果的です。
ビタミンB5(パントテン酸)は、ストレスに耐える力を与えてくれるビタミンで、免疫力を強化する作用もあります。不足すると体調を崩しやすくなり、無気力、不眠、貧血、脱毛などの原因にもなります。
また免疫力が高まるので疲労時の風邪予防にも効果的です。

ビタミン類は食事やサプリメント、ドリンク剤でもある程度補うことはできますが、本当に疲れている時は腸の吸収力も落ちて十分体に行き渡りません。

また疲労やストレス、喫煙でビタミン類は大量に消耗されるので、普段以上に大量の補充が必要です。このような時こそにんにく注射による 補充が最適で、スポーツや仕事で疲れた体を急速に回復させます。

にんにく注射のビタミンB1は疲れを取るのに必要不可欠

糖質(体が動くときや脳が活動する時に、即効性に使われる燃焼エネルギー源)が分解され、エネルギーに変わる時の反応に不可欠です。
筋肉に溜まる疲労物質(乳酸)の除去にも力を発します。

にんにく注射で改善するビタミンB1の欠乏症状

摂取した糖質からエネルギーを作り出せなくなるので元気がなくなります。
疲労物質である乳酸の除去も進まなくなるので疲労が溜まるようになりだるさが続きます。

▲一番上へ戻る